相続税の依頼料の相場

人生でいきなり発生する出来事の一つが、家族の死と親の遺産を相続することでしょう。そしてその相続に対して相続税がかかる、ということがあります。多くの人が相続税がかかる相続をするときに「いくら掛かるか、何をしていいのかがわからない」というのが普通だと思います。そこでまずは最も信頼のおける税理士の先生を見つけて、その税理士に相続税に関する申告等をすべてお願いするのが一番いいでしょう。

しかしここで問題があります。いったい税理士の先生にお願いしたらいくらの依頼料がかかるのでしょうか。税理士にお願いしたら、たくさんの報酬を取られてしまう、というような一般的なイメージがあります。そしてその報酬によって、相続する遺産がかなり目減りしてしまうのではないか?そう思っている人も少なくないと思います。

さて、実際にはどの程度の依頼料がかかるのでしょうか?相続税の場合は、その相続する遺産について割合で決まっています。例えば1億円以下なら依頼料は20万円程からかかると言われています。相続税申告だけに限りますが、そのような報酬体系になっています。相続する金額が高ければ高いほど、100万円を超えるような報酬もありうるようです。

最近ではパッケージ料金のようなものも存在しているようです。相続税の計算から相続、そして各々の相続税申告までを数十万円ですべてまかないますよ、というものです。税理士の方々に相続税の申告などで立ちあってもらう場合など、色々な諸経費がかかって追加料金を取られることが多かったのですが、最近ではこのパッケージ料金内に含まれているようです。

とにかく相続税申告に関する依頼料そのものは安いところも高いところもありますが、20万円あたりが相場だと考えていいと思います。依頼料が明示されているような税理士を選ぶことが最も重要です。依頼料が明示されていないと、思わぬところで追加料金が発生してしまいますよ。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ