相続税は時効はあるの?

Q:相続税は時効はあるの?

A:相続税の時効というのはどの部分を指しているかということなんですが、ここでは二つの意味を紹介したいと思います。一つは相続税を申告するまでに必要な日数、すなわち相続税を申告しなければならないのはいつまでなのか、という期限です。そしてもう一つが相続税を支払う義務がいつ消えるのか、という意味での時効です。

まず一つ目の相続税を申告しなければならない期限についてですが、これは相続が発生したときから10ヵ月目、とされています。すなわち遺産を残して親や夫がなくなった日から10ヶ月目ということです。これだけの期間のうちに申告をすれば、特に延滞税などを支払う必要はありません。これだけ長い期間が設定されているのは、おそらく遺産相続というものが揉めやすいことも関係しているのだと思います。

そしてもうひとつの相続税を支払わなければならない期間という意味での時効は5年間とされています。これは相続申告のための期間である、相続が発生した時から10ヶ月目を起点としての5年間です。ですから夫などが死亡してから、5年10ヶ月で相続税を支払わなければいけない義務がなくなる、と考えてください。ただし、あまりにもひどい場合は7年に延長されるというふうにされています。

ただ、現実的に考えてみて欲しいのですが、マルサの女などで有名なあの税務署が、許して放置しておくでしょうか?相続税はかなり額の大きな税金です。それを取らずに放置しておくということは、殆ど無いと思ったほうがいいでしょう。

それに加えて警察が動かないということも考えにくいです。警察は脱税容疑ということで、逮捕に動き出すことでしょう。そして捕まればそのまま罰金刑や懲役が待っています。

どちらにせよ時効というものは存在していますが、それらが見過ごされることは少ないと思ったほうがいいと思いますよ。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ