二世帯住宅は贈与税と相続税どちらが得か?

Q:二世帯住宅は贈与税と相続税どちらが得か?

A:相続税と贈与税、どちらのほうが納税額が少なくなるのか、というと基本的には相続税のほうが納税額が少なくなっています。しかしこれは一般論であって、二世帯住宅の場合は他にもいくつかの特例控除などがありますから、それらをしっかりと見極めていく必要があります。

例えば二世帯住宅となると、基本的に出資者はどちらかということにもよります。どういう意味かというと、その家を建てたのはだれか、誰がお金を出したのか?ということです。4000万円の家を1件建てたとして、まるまる4000万円を親が支払って、名義も親の物であるとする場合と4000万円のうち2000万円ずつを出し合って、名義は親の物になる、という場合もあれば、2000万円のお金を親からもらって、名義は子供のものにした二世帯住宅というものもあります。すべての場合によって、どちらがよいか、というのは変わってきます。

が、基本的にはこの程度の価格の二世帯住宅であれば、相続税か贈与税かを考える必要はないでしょう。最低でも相続税がかかってくるのは、この二世帯住宅を含めて、6000万円の資産が必要になってきます。ですから、6000万円までならば、贈与税よりも相続税を選んだほうがよいということになるでしょう。前出の例で言えば、親にすべてお金を出してもらって、相続をするという方が安く住むというわけです。下手に2000万円を出してもらったりすると、贈与税が掛かってきますから、その分損をしてしまうでしょう。

大きな金額になってくるとさらに細かな計算が必要に放ってきますが、基本的には相続税のほうが有利であることは変わりません。できるだけ親の名義でかつ、親のお金で買った家を大事にしていくべきだ、そういう法律の主張もあるのかもしれません。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ