いくらから相続税を申告するの?

Q:いくらから相続税を申告するの?

A:一般的に相続税はかなりの額でなければ、掛かってきません。ですから、相続するものがほとんどないような場合は、相続税はかからないので、申告は必要ありません。その一定以上の額を超えた人たちは相続税の申告が必要になってきます。

法律で定められている相続税は5,000万円+1,000万円×法定相続人の数という風に計算されます。これは基礎控除の計算方法なのですが、これを越える金額を持っている場合には、相続税が掛かってくることになります。例えば配偶者一人、子供ひとりだとすると、法定相続人の数は二人です。ですから、5,000万円+1,000万円×二人の7,000万円までは相続税が免除されるのです。

そして他にも特別な控除というものがいくつかあります。それらの控除を利用すると、上記で計算した額以上の資産を持っていたとしても、相続税がかからなくなります。とは言え、それらの控除は基礎控除とは違って、申告して初めて控除が認められるものです。ですから、税理士の方と相談して「あ、じゃあこの特別控除があるから、申告する必要がないな。」という風に判断するのは間違いです。必ず申告をしましょう。

また、上記計算は現金・預金であれば簡単に計算できますが、それ以外の土地や建物などの不動産、有価証券等の動産については、かなり複雑な計算が必要になってきます。それらの計算はプロに任せた方が無難です。自分たちで判断して「これなら大丈夫だろう」と考え、それが実は基礎控除分を上回っていて、相続税の申告が必要だったということになりかねません。

以上のように、基本的には現預金が6000万円を超えている人は確実に申告が必要である、と考えておいたほうが無難です。それに加えて計算が難しい土地・建物などを持っている方は、プロの弁護士などに相談するほうがいいでしょう。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ