相続税控除

日本の税金体型で特徴的なのが、控除という考え方です。これは税金を計算するときに必要な所得というものを計算する際に使われます。一般的な収入と所得は違い、収入から法律で認められているお金の支払を控除として除いていき、余ったものが所得になる、というわけです。

特に相談が多いものは相続税控除なのです。相続税控除を理解しておかなければ、相続税を多く支払ってしまうことになりかねません。日本の税金は多く払ったとしても、こちらから申告しない限り戻ってこないものなのです。まさに「知らない人間がバカを見る」ので、ぜひ知っておきましょう。

さて、相続税控除というのは基本的に6つがあります。一つ目が配偶者控除です。妻もしくは夫が相続する場合に、税金を控除されるのですが、具体的には配偶者が相続する場合は1億6千万円までは控除されて、相続税を収める必要はありません。ただし、相続に関して法的な段階をしっかりと踏み、相続が完了している必要があるのでご注意ください。

次は未成年者控除です。これは20歳未満の相続人の場合、1歳に着いて6万円が控除される仕組みです。つまり18歳なら12万円、16歳なら24万円が控除の対象になります。

そして最も多いのが贈与税控除ではないでしょうか。これは生前贈与をすることで、贈与税を支払っているのに、相続税も支払うことを避けるための法律です。贈与税で支払った分が相続税から控除されます。

相次相続控除というものもあります。これは相続税を支払って直ぐにまた次の相続があるような場合に適用されるものです。残りは外国税額控除と障害者控除です。です。外国税額控除は海外で納付した税金は日本との二重課税を防ぐために、控除されることになっています。障害者控除は未成年者控除と同じような仕組みで、控除がされるようになっているのです。

簡単に説明ですが、相続税控除は絶対に理解しておくべきでしょう。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ