相続税対策

みなさんは税金対策とかはしていますか?サラリーマンの人達からすれば「税金なんて天引きなんだから、全然やってないよ」という感じではないでしょうか。第一、天引きなんてされていたら、確定申告もしませんからね。何をしたらいいのか?どうしたら税金を安く出来るのかということも知らない人は多いでしょう。

知らないと損をするのが税金ですが、その中でも相続税というのは誰しもが経験するものだと思います。プラスの財産もあれば、マイナスの財産もあります。マイナスの財産も相続の対象ですから、「うちは相続されるほどのものがない」なんて思っている人も、気をつけておいたほうがいいでしょう。

ということで、税金の対策としてまずは相続税の節税対策を覚えておいて損はないと思います。個人的にもコレがあって助かりました。

まず、相続税の対策として、マイナスの財産は出来る限り相続しないようにしましょう。借金が1000万円あるとか、そういう財産は相続してもプラスにはなりません。また、相続財産が500万円あるけれども、その裏には1000万円の借金が隠れていた、なんていうこともありえます。くれぐれもご注意ください。

そして純粋にプラスの場合なら、相続税対策として生前贈与することも考えたほうがいいでしょう。生前贈与でオススメなものはアパートなどです。これなら、相続後もキャッシュ・フローを産み出してくれるので、ドンドンと財産をプラスにしてくれる効果をもたらしてくれます。

またもう一つオススメなのが生命保険でしょう。受取人を相続人にしておけば、現金で相続するよりも大きなお金を相続することができます。一般的に控除もありますから、確実に生命保険に加入しておいたほうがいいでしょう。

他にもたくさんの節税対策が考えられているようなので、詳しくは調べてみるともっと面白い対策があるかもしれませんよ。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ