相続税とは

分かりにくいなぁと思うものは世の中にたくさんあると思いますが、その中でも法律というのは複雑なものです。日本の法律は特に複雑になっていて、法律の中でも特別な措置が施されているというものがたくさんあります。とは言え日本は法治国家ですから、法律のことを分かっていないと、損をすることもあるでしょう。

特に相続税についてはある程度のことを知っておいたほうがいいと思います。相続税計算法というのは、法律の中ではかなり簡単な方ですから、確実に知っておきましょう。

まず、相続税計算法のポイントですが、遺産を相続する人たちがどの程度の税額を得られるか、がポイントです。遺産の分割は遺産と認められるモノすべてを合計し、そのうちの最大半分を配偶者が相続できます。配偶者とは妻もしくは夫のことです。そして配偶者が相続して、残った半分を子供たちで均等に割るというわけです。二人なら遺産の半分を二人で半分ずつに分ける、という形ですね。

そしてここからが相続税計算法のポイントです。遺産で相続する額がいくらなのかによって相続税の税率が変わってきます。相続する遺産の額が1000万円以下であれば10%、3000万円以下であれば15%、5000万円以下であれば20%、1億円以下であれば30%、3億円以下であれば40%、3億円を越える場合は50%の相続税がかかってきます。

おおよその割合はコレで間違いないのですあg、実際に数字を当てはめていくと、相続の額によっては多く税金がかかってしまい、それによって相続する額が少ないほうが得をした、ということもありえます。だから多くの人は相続税対策として、出来るだけ税金が取られない方法を模索し、取られるとしても税金ができるだけ安くなるように工夫をするのです。

もっと詳しい計算方法が知りたければ、国税庁のホームページに乗っていますので、相続税計算法の簡単な説明はこんな感じになります。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ