弁護士と税理士どちらに頼むべき?

一人で書くことも多い遺言書ですが、心配性な人は誰かに相談しながら書きたいものです。そしてその相談する相手も出来ればプロの方にお願いしたいですね。一般的に相続に関しては、かなりややこしいこともあって、多くのプロの方々は相談しながら遺言書作成を行うことを推奨しています。私もそちらのほうがいいと思います。

しかし遺言書作成は誰に相談すべきなのでしょうか?よくあるのが弁護士に相談すべきなのか、税理士に相談すべきなのか、というものです。私の答えとしては、両者ともに相談ができる総合法律事務所に訪ねて、両者からのチェックを受けるようにするのが一番です。

ただ、そうも出来ない人たちが多いのも了解しています。ですから、一般的に税理士に相談すべきなのはどういう時か、弁護士に相談するのはどういうときか、それを見比べてみて、ご自身が必要な方を選択してはどうかと思います。

まず弁護士は遺言書作成についてはプロフェッショナルです。どういう言葉遣いで書いたほうがいいのか、誤解のないように書くためには、どういうふうにすれば良いのか、そして争いが起こらないように書くためにはどうしたらいいのか。そういったものをすべて知っているのが弁護士です。ですから、遺言書を完璧に仕上げるには弁護士に相談するのが一番です。

じゃあ税理士はどういう役割をしているのか?というと、これは節税対策等の税金に関することを行っています。例えば相続税が○○円かかりますが、こうしたら相続税がもっと安くなるんですよ、などの相続の仕方によって最も最適な相続税を提案してくれるのです。これは弁護士には出来ない領域ですから、後々の子供や配偶者のことを考えて、税理士の先生にお願いすることも重要なのです。

というように、弁護士・税理士ともに得意分野というのがあるのです。だからそれをしっかりと理解して、相談する相手を間違いないようにしましょう。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ