そもそも税理士とは?

税金関連はややこしいですよね。これの場合はいくら税金がかかるが、条件でこういうものがあれば、控除が適応されて、税金はこのくらいになる…そのような法律がたくさん張り巡らされているので、一般人には分かりにくいものだと思います。ですから、お金持ちになればなるほど、納税については税理士に任せることが多くなります。

一般の人達でも、税理士に任せておいたほうがいいものもあります。それが相続税についてでしょう。一般人でも大きなお金が動くので、個人ではどうしたらいいのかわからないという税金の、代表だと思います。そこで税理士の先生方に任せると、どういうことをしてくれるのか、それをご紹介したいと思います。

まず一つが相続が発生する前に、色々なパターンで税金について計算してくれます。相続する遺産がこれだけあるので、それについてどうすれば税金が安くなるのか、贈与したほうがいいのかそれとも相続のほうがいいのか…そういったことをすべて計算してくれて、最善な方法を提案してくれます。

もう一つが遺言書の作成です。相続には法律のルールがありますから、そのルールに則った遺言書の作成をサポートしてくれます。あまり税理士の仕事っぽくないように思われますが、こういう周りのサポートをしてくれる税理士も増えてきているのです。

他にも相続税を支払い過ぎたときに、還付を受けるための手伝いをしてくれることもあります。相続税のことをよくわからずに納めてしまうと、多く納めすぎてしまうことがあります。そういう時に税理士の先生が相談に乗ってくれて、還付の手伝いをしてくれます。

一般的に税理士は相続税については相続税の申告を正しくしてくれる、そのための計算をしてくれるだけの人たちが多かったのも事実です。しかし最近では付加的なサービスもたくさん増えているので、気軽に相談してみたほうがいいかもしれませんよ。

  • 「相続税対策ナビ」は相続税対策に役立つ、税理士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ