admin のすべての投稿

中国ドラマをお届けする

私が見て良かった中国ドラマのタイトルは「海棠が色付く頃に 」なのです。内容は家で朗夫人が海棠に月明を傷つけてすぐに月軒を誘惑したと言い出すのです。うまい汁を吸い尽くす計算高い女と声を荒げるのです。海棠が奥様にあんまりと反論したのです。母が月軒にこの女を連れ出すよう頼むのです。妙蘭は海棠にわざわざ怒らせに来たと意見を返すのです。莫?が海棠に本当は文句を言いに来たと怒るのです。月軒は莫?に黙ってろと怒って母は月軒に怒るのです。あなたは海棠と家族どっちが大事と言い出すのです。月軒は海棠を誤解してると言ったら母があなたも出ていくよう話すのです。母がもううんざりと言ったら月軒は海棠は皆の前で怒らせる気はないと言って手を堂々と握って海棠を連れてきたのは彼女への誤解を解くためにやってきたと伝えるのです。海棠は何の企てもないしウソもないのです。朗家に申し訳ないと思い役に立とうとしたのです。本来ならそんな必要はないのです。母さんの言葉を黙って聞き受け入れてきたのです。反論も言い訳もしてこなかったのです。耐えればいつか理解されると思ったのです。だけどはなから受け入れないのです。誰かを理解するには勇気と許しが要ると述べるのです。母が怒ってテーブルを叩いて月軒によくも家に背いたと言って興奮したのです。月明は母さんに落ち着くよう慰めるのです。母が一人で裏切りと言って妙蘭と月明が追いかけるのです。莫?が一人になって落ち込んで食事を食べるのです。町で海棠が月軒にごめんと謝るのです。私が母さんをいかせなければこんなことにはならなかったと後悔してるのです。月軒が人助けに海棠が行ったと言って何が起きるなんて予想外と逆に励ましたのです。海棠は月軒に私はいいから早く家に行って奥様に謝るよう諭すのです。月軒が海棠にしばらく待つと答えるのです。母さんが落ち着く頃に帰ると言って海棠がしばらくと気になって月軒に聞いたのです。月軒は海棠に海棠園に行くと言って久しぶりに植物の状態を見たいとのんきなのです。海棠は月軒に決まってると言って放っておいたならすぐに枯れるのです。すぐに枯れると分かるのです。海棠は月軒に調べることがあると言って父さんは不思議な膏薬を作ったのです。それが芙蓉膏なのです。配合が残されてなくて何度も試作したけどダメだったのです。実は花神節で月明に塗ったのは自分で作った芙蓉膏なのです。一時的に傷を隠せたけど芙蓉膏に及ばなかったのです。月軒が海棠園で研究すると海棠に聞いたら海棠本人が月軒に母さんの持ち物の中から父が残した芙蓉膏を見つけたのです。香りが消えかけてるから成分が分かりにくいけど手掛かりになるし復元の自信があると答えるのです。月軒が焦るなと海棠に言って今すぐできるものではないけど君ならできると励ますのです。海棠が月軒が言いたいのは僕と一緒にいれば何だってできると言いたい言葉を当てるのです。月軒は海棠によく分かったと言って海棠が月軒に賢いと言うのです。月軒が海棠に意地悪に不正解と言ったらいきなり自分からキスをして二人は甘い時間を過ごすのです。

中国ドラマが好きな自分

私が見てよかった中国ドラマのタイトルは「恋恋江湖~運命の愛の見つけ方~ 」なのです。内容は街中で盛優は見知らぬ人にからまれて行き止まりでピンチの時に愛徳御書がお嬢さんと言って現れて初めは誰か気付かないのです。愛徳御書が朝飯前と盛優に言ったら盛優本人がお面をつけるよう言うのです。女子達があなたに注目してるのです。女人国に迷い込んだ三蔵法師みたいなのです。愛徳御書が盛優にまさか嫉妬してると言うのです。盛優が見知らぬ男性と思って人混みで騒ぎを起こすのはよくないと思ったのです。愛徳御書は面を着けないと逆らうのです。盛優が返してと言ったら愛徳御書がくれたから嫌がるのです。注目されるのが困ると言ったら盛優が分かったと何も言わないと降参したのです。愛徳御書がお面を着けないと責任を取ってと盛優に言うのです。この縁日で聡明な美人を探すつもりと言って口がうまいのです。面を着けないと良縁がなくなるからそれゆえにそなたを娶ると諦めないのです。盛優が見知らぬ人に一度娶られて離縁を渡されたと話すのです。愛徳御書が離縁を気にしないと言って盛優が驚いたのです。俺と一緒にならないと言ったら盛優がイヤと拒否してよく知らないから無理なのです。橋の上で愛徳御書が盛優に私より美形を見たとお面をとるのです。私より雅な男を見たと聞いたら私より非凡な男と質問をたくさんするのです。盛優は聞き覚えがある言葉と言って私達は知り合いと言ってどこかで会ったと逆に問い詰めるのです。愛徳御書が盛優に私に聞くより己に問いかければいいのです。気にかけてるなら分かるはずなのです。分からないならそれまでのことなのです。橋の上で愛徳御書が一目惚れを信じると言ったら盛優が首を振って分からないと言うのです。昔は信じたのです。盛優が愛徳御書とは知らずに名を教えてと呼び止めたのです。一人飲んでると遠涵は大義姉上を街中で切なさに見るのです。街中で遠修は一人歩いてるのです。遠修は店の女性から目が高いと言われて一番上等な玉のかんざしなのです。遠修は店の女性からかんざしを買うのです。大道芸を一人盛優は眺めて遠修がいるとは知らずすれ違ったのです。一人林の中で歩いてるとお面をつけた人が待ってて知らずに立ち止まる盛優だったのです。遠修と心の中で思ったけど遠涵が大義姉上と言って引き留めるのです。その様子を遠修は弟と盛優の様子を見守るのです。盛優は遠涵に私をつけてた言って怒るのです。偶然と質問したのです。遠涵が大義姉上になぜ逃げると言って追いかけるのです。宮家の者と縁があると言われて盛優が縁と聞いて悲しくなるのです。盛優が遠涵に避けないと聞いたら遠涵本人が避けてないと座って言うのです。盛優が遠涵に宮家に戻らなければ赤の他人と話すのです。遠涵が大義姉上にどうかなと言って縁があれば離れてても会えると励ますのです。盛優が遠涵にまやかしと言ったら遠涵本人が大兄上が病人になり私が宮家を支えたのです。私が皆を守る立場になったのです。大義姉上も宮家の一員から守ろうとしたのです。